【11・12月号】いよいよスキーシーズン始まる!

西日本最大級のスノーリゾート

来週からはいよいよ12月に突入です。
二十四節気「大雪」も近づいてきたとあり、
「今年は雪が降るかなぁ~?そろそろスタッドレスタイヤに履き替えなくっちゃ!」
と考える時季になりましたね。

雪と言えば!!

岐阜県郡上市高鷲町は「西日本最大級のスノーリゾートエリア」
県内はもちろん、県外各地のスキーヤーやスノーボーダーたちが集まってくる、
冬の“激アツ”スポットなのです。

11月20日には、「ホワイトピアたかす」が無事今シーズンをオープン!
12月初週以降にオープンを控えているスキー場も多数あります。

ちなみに、「ホワイトピアたかす」付近では今年はまだ雪は降っていない(2020年11月25日時点)ようですが、3連休最終日には気温1℃まで冷え込んだのだとか。
平日に車で訪れると次回使えるリフト半額券が2枚もらえるとのことなので、
早いうちに利用すればお得に何度も楽しめます♪

さらに、高鷲町の6スキー場
 「ひるがのスキー場」
 「鷲ヶ岳スキー場」
 「ホワイトピアたかす」
 「高鷲スノーパーク」
 「ダイナランド」
 「郡上ヴァカンス村 スキー場」
が合同で行っている「TAKASU MOUNTAINS」では、
共通リフト券があれば1日自由に周遊できちゃうのだとか★
これはもう、大満喫間違いありません!

ところで、今シーズンは、新型コロナウイルスの感染予防対策も気になるところ…・。

スキー場の新型コロナウイルスの感染予防対策

多くの施設では、

■館内でのマスクの着用
■チェックイン時の検温
■館内での手指消毒
■こまめな手洗い
ほか、「大声での会話を控えること」「間隔を空けて並ぶこと」を来場者に呼びかけたり、

●飛沫防止用カーテンの設置
●コイントレーを使った会計
●非接触決済の導入
●定期的な換気&消毒
●ゴンドラ乗車人数の制限
など、様々な対策が講じられています。

本誌の56・57ページ(電子版は58・59ページ)では、
5スキー場各施設の魅力など詳細をアイコン付きでご紹介。
あわせて割引デーやお得な情報(一部)も掲載しています。

コロナ禍のエチケットを意識しつつ、
ウィンタースポーツをレッツ・エンジョイ♪

この記事を書いた人