みわ屋 岐阜髙島屋店 クラウドファンディング開始!

1963年に瑞浪市で創業、2005年には岐阜髙島屋店がオープンしたみわ屋さん。特撰飛騨牛をはじめ、三河一色産のうなぎや秋田県の稲庭うどんなど、こだわりの食材を使ったメニューがいただけます。

看板商品の元祖「牛まぶし」。醤油ベースの甘タレで何度も付け焼きした飛騨牛をそのまま、薬味で、だし茶漬け風で、と3つの方法で堪能できる。

そんなみわ屋岐阜髙島屋店が岐阜髙島屋の閉店に伴い、「みわ屋柳ヶ瀬店」として移転オープンすることが決定!2023年に閉店した味噌煮込みうどん専門店「山本屋本店 岐阜柳ヶ瀬店」の跡地に店を移すことになりました。
「柳ヶ瀬から、柳ヶ瀬へ」をキャッチフレーズに、髙島屋閉店後も柳ヶ瀬を盛り上げる一員として奮闘している真っ最中だそう。

その移転費用の一部を募るクラウドファンディングが6月29日から始まるとのことで、みわ屋代表の田村孝次さんからお話を伺うことができました。

みわ屋岐阜柳ヶ瀬店代表 田村孝次さん

1981年に京都髙島屋から岐阜髙島屋店にやって来て以来、髙島屋47年の歴史のほとんどを共に過ごしてきた田村さん。岐阜髙島屋が閉店することになり、多くのお客さんからは「髙島屋がやめたらみわ屋さんはどこに行くの?」という声をいただいたそう。
移転候補地を探す中で岐阜駅周辺や玉宮エリアなど多くの場所を吟味するも、ピンとくるものはなかなかありませんでした。そんな中で耳に入ってきたのが岐阜市中心市街地の空き店舗ツアー。そこで出会った山本屋本店 岐阜柳ヶ瀬店とご縁を結び、同じ柳ヶ瀬エリアで「みわ屋柳ヶ瀬店」をオープンすることになりました。

新店イメージ図

目の前が若宮町通りでバス停もあり、近隣には比較的安価なパーキングも点在……何と言っても多くの人が知る山本屋本店跡地ということもあって最高の立地です。
キャッチフレーズ の「柳ヶ瀬から、柳ヶ瀬へ」にもあるように、髙島屋がなくなってからも同じエリアで再スタートを切ろうと意気込むみわ屋さん。自分たちで柳ヶ瀬を盛り上げていこう!という動きが、至る所で勢いを増してきています。

移転オープンに際したクラウドファンディングの支援コースの内容の一例がこちらです。

①みわ屋名物「飛騨牛まぶし シャトーブリアン」お食事券…1口12,000円
②<飛騨牛をご自宅にお届け>サーロインステーキ用3枚570グラム…1口18,000円
③オープン記念!お得なお食事券セット11,000円分…1口10,000円

「ローカルクラウドファンディングOCOS」での寄付は本日6月29日から開始。

上記HPからの申し込みの他、現在の店舗で配布しているチラシを利用して店頭で支払いをすることも可能です。
「これを機にみわ屋さんに行ってみたい!」「柳ヶ瀬を盛り上げる取り組みを応援したい!」など、気になる方はぜひ応援してみてくださいね!

みわ屋柳ヶ瀬店

【住所】
岐阜市若宮町4-19 宮房ビル1階(煮込うどん山本屋本店岐阜柳ヶ瀬店跡地)
【TEL】
058-212-3722(7/28までは「みわ屋岐阜髙島屋店」、8/8以降は「みわ屋柳ヶ瀬店」)

この記事を書いた人