【2月号】令和の里、太宰府へ

冬の気配が希薄なこの冬。
そうこうしているうちに、春の訪れを告げる
梅の季節はもうすぐそこまで来ています。

というわけで、2月号の「ぷらざの旅」は
梅の名所・福岡県太宰府市に行ってまいりました。

太宰府といえば、なんといっても
菅原道真公を祀る「太宰府天満宮」が有名ですが、
実は昨年、空前絶後の大注目を集めたのが
そう! 新元号「令和」の典拠「梅花の宴」
ゆかりの地候補の一つと目される
坂本八幡宮」です。

坂本八幡宮に建立された 元号「令和」の碑

昨年10月に「令和」の碑も新たに建てられ、
連日大人気のフォトスポットに。
ちなみにこの「令和」の文字を書かれたのは、
岐阜県飛騨市出身の茂住修身さん。
こんなところにも、太宰府と岐阜の新たなご縁が
感じられて嬉しいですよね。
(茂住さんは昨年4月、
こちらの参拝に来られたそうです。)

初めて知る大宰府の魅力が満載の2月号は、
もうすぐ設置を開始予定。
ぜひお手にとってくださいね。
(編集スタッフ 阪田)