飛騨市長&マジプリと巡る!飛騨市バスツアーレポート

サプライズプランで2年ぶりの開催!

10月16日(土)、日タク観光バスで行く「飛騨市長&マジプリメンバーと巡る!秋の飛騨古川☆」バスツアーが敢行されました。飛騨市様とのコラボツアーは今年で第3弾(4回目)。昨年はコロナ禍で中止を余儀なくされ一昨年ぶりの開催となりましたが、今回は安心・安全なツアーを行うため参加者全員が飛騨市様の準備した抗原検査を受けてから乗り込む形になりました。

こうした飛騨市の皆さんのご尽力と様々な対応策を講じられた上で実現したツアー、本当にありがたい限りです。

そんな待望のバスツアーですが、今回さらなるサプライズが!

タイトルと写真を見ての通り、なんとあの息子にしたいイケメンボーイズグループ「MAG!C☆PRINCE(マジプリ)」から永田薫さん(岐阜市出身)と、大城光さん(愛知県東海市出身)もナビゲーターとして参戦してくださることになったんです! 毎回満席御礼の飛騨市バスツアーですが、おかげさまで今回は断トツの最速記録となりました。ありがとうございます。

そもそものきっかけは、3月に岐阜市で行われた飛騨市と岐阜市の合同物産展。ここに岐阜市のプロモーション大使である永田さんが参加されて都竹飛騨市長との交流が深まったことから、このスペシャルツアーが実現したんです。お二人のフットワークと実行力の賜物ですね。

永田さんと大城さんのサプライズ途中乗車に、一同、拍手喝采💙💛👏✨

車内では超難問マニアック飛騨市クイズで、盛り上げてくださいましたよ♪ 中盤では、永田さんに関するプライベートクイズもあったり⚽

全問正解者には、ぷらざ編集室からカードゲームお酒等の粗品を進呈。マジプリの2人のサイン入りで、プレミアムなプレゼントになりました☆

 


飛騨市役所では都竹市長さんが皆さんをお出迎え。

最初に向かった先は「飛騨古川まつり会館」です。実は都竹さん、自他共に認める超・祭男としても有名。超精細4K映像の素晴らしさもさることながら、のっけから激アツトークが止まりません!

また、リニューアルした館内は体験展示も豊富。今回は永田さんと大城さんが、からくりや棒の上で曲芸を行う「とんぼ」に挑戦! 2人とも体幹も運動神経も抜群、さすがです!!

 

その後はみんなで町歩き。飛騨匠の技や雪国ならではの町の工夫を学びながら、昼食会場へ向かいました。

 

絶品薬草ランチ&いよいよメインイベントへ

お楽しみのランチは老舗旅館「蕪水亭」さんへ。いただくのは薬草料理です。「ミネラル不足=万病の元」という考えに基づき、様々な体調にアプローチする蕪水亭さんの薬草料理。薬草は苦くて食べにくいイメージがありますが、果たしてどんなお味なんでしょうか?

永田さんの音頭で、肝臓にも良いとされる葛酒で「かんぱ~い♪」

見た目も美しい料理の数々は初めて食べるものばかりでしたが、どれも絶品。飛騨牛の豆乳鍋もいただけて大満足でした。

 


さてぷらざ本誌でも紹介していたように、今回は永田薫さん、とある重要な任務と共に飛騨市入りしています。そう、本日のメインイベントは――

永田薫さんの「飛騨市観光プロモーション大使」就任!!!

都竹市長から委任状と大使のはっぴを授与されました。

イイ男ははっぴ姿もイナセです💙

永田さんの大使就任を祝福&激写しまくる大城さんも、クールなカメラマンっぷり💛

その後は興奮冷めやらぬまま、「薬草ティーセレモニー体験」。

ご主人から薬草それぞれの効能や特徴を聞きながら、オリジナルティーをブレンドしました。

男性3人が楽し気にお茶する図、なんだか萌えますね(笑)。

酒蔵めぐりで試飲&お買い物へ――

食後はグループに分かれて再び街歩きとお買い物へ。北アルプスのミネラル豊富な伏流水に恵まれる飛騨市は、酒どころとして知られるほか、薬草の宝庫としても注目を集めているんですよ。

「ひだ森のめぐみ」では都竹市長のアテンドで、様々な薬草や飛騨市の取り組みに関するお話を。効能や用途を知れば知る程、薬草は面白くて普段の生活に取り入れたくなります。

「渡辺酒造店」さんでは大城光さんがお出迎え。「純米大吟醸 色おとこ」など、大城さんにもぴったりのお酒の試飲をふるまってくれました。もう最高💛

「蒲酒造場」さんでは蔵人・永田薫氏が登場! 酒造り真っ最中の蔵の中を颯爽と案内してくれましたよ。その後は様々なお酒も一緒に試飲させていただきました☆


円光寺で再び集合して、最後は鯉の泳ぐ「瀬戸川と白壁土蔵街」へ。

永田さんと大城さんの鯉の餌やりで盛り上がりました。

ちなみにこの瀬戸川、冬の間は除雪した雪を流す「流雪溝」として使われるため、鯉たちは冬の間は市の職員さんらの手で、増島城の堀池にお引越し。このツアーの後、無事今年の引っ越しも完了したそうです(4月にまた戻ってきます)。


さて楽しい時間は本当にあっという間…ついにツアー終了のとき(涙)。

飛騨市様からはどっさりお土産をいただき、都竹市長、永田さん、大城さんと一人ひとりお別れをしました。

最後の最後、2人ともバスの外から最高の笑顔をくれたので、パシャリ☆(ブレたけど…)

「岐阜市プロモーション大使」に続いて「飛騨市観光プロモーション大使」に就任した永田薫さん、美濃から飛騨へと、今後岐阜をまたにかけた活躍がますます楽しみ!  岐阜市と飛騨市の繋がりも、どんどん密になりそうですね。

永田大使!今後の岐阜をよろしくお願いします☆

この記事を書いた人