【9・10月号】ほったらかしレシピ ~パッククッキング編~

ワーママたちはいつも夕飯のお支度やお弁当作りにバタバタ…
いつも思うのが、
「ラクして、美味しい&高見えのごはんが作れたらなぁ~」

そんな魔法みたいなレシピ、実はあるんです😃
その名も「ほったらかし」レシピ

炊飯器に材料を入れてスイッチをピッ!の炊飯器編や、
調味液に漬けて寝かせるだけの冷蔵庫編等、
9・10月号合併号本誌でも調理タイプ別にレシピを紹介。
調理工程を大幅に短縮できるワザがいくつかある中で、

ココでは「パッククッキング編」をご紹介します。

あまり耳馴染みがないワードかもしれませんが、
ポリ袋に食材を詰めて湯せんするだけ の超お手軽クッキング☆
しかも複数の料理を同時に調理でき、
災害などの非常時や、キャンプなどアウトドアでも役立つとあって、
今とても注目されていますよ。

パッククッキングに《必要なもの》は、
① カセットコンロ ②カセットボンベ ③鍋 ④水 ⑤ポリ袋
以上です。
 ↑湯せんをするため、ポリ袋の規格に注意!
 【半透明の高密度ポリエチレン製で、130℃の耐熱・厚さ0,01mm以上で
 「食品用」の表示がある】 食品用ポリ袋を使いましょう!
(通常のポリ袋を使用すると、袋が溶けたり特有の臭いが出る危険があります。)

《基本の手順》もシンプルで、
 1) 切った食材や調味料をポリ袋に入れる。
 2)空気を抜いて袋の上の方で口を結ぶ。

 3)鍋の6分目まで水を注いで沸騰させる。沸騰したら火を弱め、袋を入れて加熱する。


以上の「切る・袋に入れる・茹でる」の工程に沿って調理をすれば…
ジャーーーン‼‼

ご飯におかずに、デザートまで1つの鍋で作れちゃいます♪

ちなみに、こちらのメニューは
 #白ごはん
 #ラタトゥイユ
 #ポテトサラダ
 #きな粉蒸しパン
わずか30分でこれだけのものが出来上がりました♪

災害時にガス・電気などのライフラインが途絶えても困らず、
水を繰り返し使えるため節水効果も絶大のパッククッキング。

湯せんしている間に、
洗濯物を畳んだり、ストレッチをしたり、子どもに絵本を読んであげたり…
時間を有効活用して、余裕の家事を目指しましょ💛

この記事を書いた人